カタログギフトのおかげで朝、起きるのが楽しみになりました。

冬の朝はとても寒くて布団からなかなか出ることができません。

いつまでも、あと五分だけだからと
ふかふかのあたたかな毛布をぎゅうっと掴んで
頭からかぶってしまいます。

朝のフローリングの床はとても冷たいので、
その床を通って顔を洗いに行ったりすることを考えるだけで
起きたくありません。

最近は目覚まし時計が鳴ると少しだけ手を布団から伸ばし、
暖房のスイッチを押して部屋が暖かくなってから
もそもそと活動を開始します。

そんな私の様子を見るに見かねた夫が
カタログギフトにあったコーヒーメーカーを
頼んでくれたのでした。

私は無類のコーヒー中毒なのですが、
いかんせん朝起きるのが遅いために、
本当はお店のように入れたての美味しいコーヒーが飲みたいのに、
素早く入れることのできる
インスタントコーヒーに甘えてきました。

そのためコーヒーメーカーを買うのを渋っていました。

しかし実際に夫が朝、
コーヒーメーカーでコーヒーを入れてくれるようになってからというもの、
ひきたての豆の匂いで目が覚めるようになりました。

プロもお店で使用しているものだけあって、
味も美味しくてしかもカプチーノや
カフェラテも作ることが可能です。

今度は私が早起きして、
夫に感謝のコーヒーを入れるつもりです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

贈りもの

甥っ子には誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントはあげていないけど、
子供の日にはプレゼントを贈るようにしています。

誕生日にもクリスマスにも、両親や祖父母など、
いろんなところからプレゼントがもらえるから。
でも、子供の日にプレゼントをくれるのは、
私だけだと言ってくれるので嬉しくて、
毎年贈るようになってきました。

小さい頃は、何をあげても喜ばれました。
洋服などをあげると、子供よりも親から喜ばれますよね。
でも、もう好き嫌いがはっきりしてきて、
あれはいらない!これは欲しい!というものが、
別れてきている時期のようです。

一緒に買いに行きたいのですが、
予定がぎっしり詰まってしまっていて、
ちょっと一緒に買いに行く暇がなさそうなので、
子供用のものがたくさん載っている、
得意のカタログギフトにしてみました。

そのカタログギフトには、子供服や育児用品、
おもちゃなどがたくさん載っています。
お気に入りのものが、その中からみつかればいいのですが。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

いらちの愛宕詣り

枝雀さんの「いらちの愛宕詣り」の解説を一席

イライラ、せかせかして落ち着きのない人のことを大阪弁で「イラチ」と称する。

イラチの慌て者で、いつも失敗ばかりしている男。一念発起して京都に住んでいるところから、

愛宕山へお詣りしてイラチを直してもらうことにした。

道を間違えたり行き先を忘れたりの大騒ぎのはて、ようよう愛宕山にたどり着くが、

そこでもお賽銭を上げるつもりが財布ごと放り込んでしまう。

弁当を食べる段になって首にくくりつけてあった風呂敷包みを下ろしてみると、

風呂敷と思っていたのはなんと嫁ハンの腰巻き・・・。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カタログギフト割引の木村陶器リンベル30000円コース

カタログギフトのリンベル30000円コースのリビンググッズには

TVILUM-SCANBIRKの
・チェスト
・テレビボード
・ブックケース

composadの
・キャビネット
・チェスト

Natural Styleの
・リビング2点セット
・チェスト
・AVボード
・シューズラック
・パソコンデスク

Basic Styleの
・センターテーブル
・チェア
・ガラスキャビネット
・キャビネット
・チェスト

White Furnitureの
・テレビスタンド
・ソファ
・チェスト
・シューズボックス

Modern Styleの
・センターテーブル
・ソファ
・AVボード
・チェスト
・ディスプレイラック
Asian Styleの

・回転チェア&テーブル3点セット
・籐アームチェア
・ラブチェア&テーブルセット

Japanese Styleの
・和風TV台
・置床
・座敷ワゴン
・座椅子
・桐箪笥
・焼き桐箪笥

SOHO
・メッシュバックチェア
・デスクセット
・パソコンデスク
・ディスプレイラック
・ガラスキャビネット
・シェルフ

など、垂涎のグッズが満載ですね

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

爪のお手入れ

皆さんは爪のお手入れ念入りにやっていますか??
私はどちらかと言うと…全然やらない方です。
ちょっと気合いが入っている時に綺麗にするくらいです。

全然やらないとは言っても、
執着が無いわけではないんですよ!!

爪が綺麗な女性を見ると女性らしいと思って憧れますし、
私もしっかりやらねばといつも思います。
長く伸ばすのが苦手だったとしても、
綺麗に磨いておくくらいはしておきたいですよね。

ただ面倒というのも正直なところ…
こんな私に何か良いアイテムはと思っていたのですが、
電動の爪磨きがある事をこの間初めて知りました。

友人の家に置いてあった人気のカタログギフトに掲載されていたのです。
こんなに便利そうなものがあるなんて知らなかったです。
自分の手でグイグイやるより絶対に楽ですよね。

私も電動爪磨きが掲載されているカタログが欲しいよー!!
友人は残念ながら違う商品を頼むそうです…グスン。

これからカタログを頂く時は爪磨きのチェックを忘れないようにします。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ホームパーティーでの失態 とカタログギフト

年末というと、忘年会やクリスマス会で盛り上がる時期です。
酒好きの人は、忘年会、クリスマス会と称した飲み会がたくさんある時期、
思う存分飲めて、楽しい時期ですね!!

居酒屋などで飲むのもいいですが、
友達の家でみんなで集まって飲んだり、
自分の家に友達を呼んで皆で飲んだり、
ホームパーティーもなかなか楽しい。

安上がりだしね。

でも、ホームパーティーは、後片付け、掃除が大変。
家主に負担が掛からないように、
パーティーが終わったら、みんなで後片付けをするのが、
礼儀かなと思います。

でも、アルコールが入って、酔っ払ってる時の後片付けって、
本当にいい加減。
適当だし、食器はわっちゃうし・・・。

以前に、その家の高級なワイングラスをわってしまったってこともありました。
普通の食器ならまだしも、大事にしているワイングラス。
その時は、同じブランドのワイングラスが載っているカタログギフトを、
弁償代わりに手渡しました。

飲んだ後に、片づけが残っているホームパーティーでは、
飲みすぎは厳禁ですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

命名札って、台所に貼る?

出産内祝いで贈り物に沿えて贈るのが命名札です。
命名札というのは、新しく生まれた子どもをご披露するという意味で
つくられるものだそうで、姓名、生年月日、続柄、
父親(もしくは母親)の名前、子どもの写真などを一枚の札に
印刷したものがよく使われるようです。

ちなみにこの命名札ですが、いただいた方の地方によっては、
それを冷蔵庫に貼るというところもあるようです。
私は実際に、それを見たことはないのですが・・・(^^ゞ
なぜ冷蔵庫に?という答えが今のところ不明瞭なようです。

地方によって、いろいろとおもしろい風習があるのですね。

また冷蔵庫だけでなく、神棚に貼るというところや、
柱に貼るというところも。
さらに台所の壁にはる、はたまたくっつけるときは米粒を使う・・など。
いろいろバリエーションも多いようです。

この命名札ですが、地方によっては風習として
きちんと今もなお根付いているところもありますが、
地方によっては「これ何?」というところもあるようです。
嫁いだ先が自分の地元であれば、あまり悩むこともないかもしれませんが、
嫁いだ先が知らない土地だった場合には、
親戚やご近所の方などに命名札をつけたほうがよいかは
確認しておいたほうがよいかもしれません。

ちなみに命名札が風習としてないところでは、メッセージカードを
その代用にしているところが多いようです。

カタログギフトの通販をしているカタログギフト・木村陶器楽天ショップでは、
命名札を出産内祝いに一緒につけてくれるサービスをしているようです。
また命名札がいらない場合にはメッセージカードが注文できますので、
どちらにも対応してもらえて安心ですね。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

お香典返しにカタログギフトと満中陰志礼状

お香典返しを考えた場合に、結構な人数に贈るとなればそれら商品を選ぶのも大変なものであったりするでしょう。

どのご家庭にはどういった物を、などと分けて考えていくとそれは時間も手間もかかるはずです。

その上そうやって分けてしまう事により周りにあまり良い印象を持たれなかったり、という事もありえます。

そういう場合には、お香典返しなどにカタログギフトと満中陰志礼状のセットを利用する事をお勧めしたいと思います。

贈られた側の相手が欲しいものを選ぶ事が出来ますし、やはりどうしても贈る相手によって贈るものを変えたいと思う場合には、カタログの値段を変えて贈ることも出来ると思いますから、案外便利なものです。

それらを上手く利用して、お返しを考えてみてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カタログギフトでは何がお得?

よく、カタログギフトを貰ったは良いけれど何を注文すればお得になるのか、それで悩んでしまう人も居るのではないでしょうか?
ですが基本的には値段が決められていれば大差は無いですし、これがお得かもしれないと値段を考えて決めてしまうよりも、その時欲しいと思ったものをしっかり選ぶ事のほうが大事になるのではないでしょうか。

それは、やはり自分の欲しいもので選ぶという事が何より大事になるのでは無いでしょうか。

どれがお得だからなどと考えてしまうよりは、後悔しなくて済むでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

枝雀さんの「あとがき」

枝雀さんの「あとがき」
代わりに・・・というわけでもないのですが「阿弥陀池」「替り目」、
「三十石」などが新顔として参加してくれていますし、「貧乏神」をはじめとする新作も仲
間に加わってくれています。
そんなことな思いあわせると、この本も新しい六十席で書きなおすべきなのかもしれま
せん。でも、そうなったら根が不精者の落語家のことですから、いつのことになるか・・・。
まあ、二十世紀中に完成することはないことだけは断言できるのでございます。筑摩書房
の担当者さんも、そこらの雰囲気な察して
「こらァあかんな」
と思わはったんでしょうな。そこで、今回のところは、八四年当時のままの六十席をご覧
いただくということで堪忍してもらうことにいたしました。「いま」の六十席は、いずれ
改めてゆっくりとお読みいただきます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ